ポップカルチャー عمومي
[search 0]
أكثر

تنزيل التطبيق!

show episodes
 
ポップカルチャーの摂取とその感想の熱弁(noteを主軸に、Real Soundにも寄稿中)を好む94年早生まれ男による独言の記録です。 音楽、ライブ、配信ライブ、映画、ドラマ、演劇、お笑いのことなど、好きなものの話をしていく音声配信です。 聞きたいことやご意見・ご感想はTwitterでハッシュタグ #ポプラギ をつけて投稿お願いします。どんなことでも構いません! note: https://note.com/shapemoon Real Sound: https://realsound.jp/tag/月の人 standfmでの#0-#7:https://stand.fm/channels/5f8e96d937dc4cc7e197a665
 
Loading …
show series
 
毎クール恒例(にしていきたい)、連続ドラマの開始時の感想。今回は1、2話まで放送されたのが3本あるのでいつもより話の輪郭が見えてきたのも多かったように思います。しかしですよ、現在1話まで放送中の「逃亡医F」は必見ですよ!
 
「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」を観た直後にとにかく喋りてえと思ったことを詰め込みました。劇場でしか体験できないことってあるんだな、と実感。超大作は海外の人と隣の席で観たいです。マーベルシリーズになぜこんなにハマってるのかも、簡潔に喋りました。
 
別刊を一緒に録ってる高校時代の友人と、正月にカラオケに行ったのでそのついでに録りました。雑談というほかない内容です。以下、トークトピックスです。別刊の生活音何のトガリもない実家ネタ番組は団欒に向かない笑いの全くない家庭で育った無趣味の両親オダウエダの解説を求められるBiSHを親と観る空気アイナを5年見てきたプライド中居正広のブラックバラエティクイズ☆正解は一年後を親と観る親との下ネタ良い人たちとひどい番組特殊なグレ方アニメ好きの父伝来したもの天竺鼠と9mm Parabellum Bulletゼロ年代のお笑いお笑い老害THE MANZAIの千鳥indigoとゲスの対バンだいたいの会場はエアプ2010年代のロックでんぱ組めちゃ増えた初期のオーラルフレデリックはすぐ分かるずっとアジカンとベボベは好…
 
M-1グランプリ2021の放送終了30分後に高校の同級生と語りました。熱戦を観た直後すぎて非常によくないテンションになってましたのでほどよくカットしつつ、に仕上げました。以下がトークトピックスです。モグライダーの1番は勿体ないランジャタイを下回るネタをするな漫才の下ネタオズワルドの温度感真空ジェシカは正統派漫才大喜利的な強さの笑い点数に不満しかないコントのトンツカタン漫才論争に未だに怒ってる漫才と現代アートの間で涙目になってる錦鯉の爆発日常に寄り添った笑いのインディアンスももと同じことをした見取り図がやってたじゃん何をやったか忘れるインディアンス1本目を加味してどうだったかインターネットお笑いの感じバナナ3回全ネタでランクづけをすると荒れた大会を整える無難さ大型ロボットに乗りたいよ〜審査員席…
 
音声配信56回目。まだ1週間しか経ってないのに誰も話題にあげなくなってしまったTHE W2021について話し、後半は12/19に迫ったM-1グランプリ2021、特にランジャタイへの期待を語りました。これまで”意味がわからない“という理由で評価の対象にすらされてこなかったナンセンスメタや不条理ネタが遂に賞レースに届くようになったこの時代。ランジャタイがM-1決勝で何を残してくれるのか、期待と不安で胸がはち切れそうになってます。
 
11月に観た映画の感想です。「ボクたちはみんな大人になれなかった」と「スパゲティコード・ラブ」について。どちらもMVで躍進した監督による初商業長編映画であったり、貫いてるテーマが近似してたり、色々と共通項の多い今っぽい作品でした。
 
ポッドキャストの始動1周年ということで、この1年続けてきての雑感であったり、再生回数トップ5などを振り返りました。これまでの回でお気に召したものやご意見ご感想などありましたら #ポプラギ をつけてツイートなどお願いします。
 
高校の同級生と語り合う、ポプラギ(「ポップカルチャーは裏切らない」の略称です、みんな使ってね)の別刊です。もう中学生を軸にお笑いシーンを語ろうとして失敗に終わり、最後は普通に電話です。以下放送内容のトピックス宮迫さんのいないアメトーーク/従来のフォーマットにない笑い/攻めたお笑いとは/激落ちくんの電卓/ベテランが体を張る笑い/浜田雅功と上田晋也/メタとあざとさ/ビンカン選手権/テレビ千鳥の逃走中/外伝としてのもう中/編集の限界/ピカるの定理/千鳥とかまいたちを先に録るべきだった/有吉の壁のもう中/無観客のもう中/IPPONグランプリの小学生枠/骨の髄までサブカルチャー/自分の話に巻き込んでく/高1の探り合い/イジりイジられ/CBCの光山アナ/いつ録るべきなのか/トガッたまま結婚する…
 
高校の同級生と語り合う、ポプラギ(「ポップカルチャーは裏切らない」の略称です、みんな使ってね)の別刊です。もう中学生を軸にお笑いシーンを語ろうとする実験を行った回の前篇です。以下放送内容のトピックス番組名を言うくだり/テーブルは決まってる/爆笑レッドカーペットの思い出/アイクぬあらが入った超新塾/3人になったビックスモールン/ファストフード的なところから始まった/TKOを最近テレビで見たか/月の人と鈴木もぐら/青春から抜け出せてない/爆笑レッドシアター/ジャルジャルは凄すぎる/平成ノブシコブシのネタ/もう中学生のおグッズ!/年齢相応の引用/向上委員会のもう中/吉本興業的な笑い/しゃべくり007のもう中/時代が求め始めたもう中…
 
キングオブコント2021をお笑い好きが語る会、後篇。やや駆け足気味ですが、番組後半の熱が上がっていく様を追想するように振り返っています。以下、話したトピックスです。ニッポンの社長は音ネタ/そいつどいつの驚き/ザ・マミィ1本目がなぜハマったか/ニューヨークとマヂカルラブリーの敗因/もぐら君のカッコ良さ/コントと漫才の差異/ろうそくの真実/クルトガ/こっくり/照明の重要さ/ネタの順番の美しさ/2本目どうだった?/ツッコミの多い賞レース/NHK新人お笑い大賞とM-1グランプリへの期待
 
キングオブコント2021をめちゃくちゃ細かく振り返りながら語る会です。とりあえず最初の蛙亭に関しての言及を聞いて頂ければ、この会がいかにディープにKOCを掘り下げているか分かると思います。以下、トピックスを列挙。空気階段の主人公感/Funny Bunny好きすぎ問題/KOCと液体/タイムマシーン3号の小銭/蛙亭のハートフルをどう見たか/ジェラードンの剛速球とその他変化球勢/前時代的な笑いなどない/男性ブランコのカタルシス/うるとらブギーズの新しさ
 
音声配信、別刊を始めました。高校時代の友人とだらだらと喋る電話をそのまま録音したかのような放送、というかそれそのものです。いつもの準備しての録音にはないラフさも良いのではないか、という思いつきで始めましたがなかなかうまくいったのではないかと思います。脱線は一人喋りではなかなか出来ないですから。あと単純に、同年代の勝手知ったる間柄で話すというポッドキャストに憧れた、というのもあります。憧れはやってかないと。
 
よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場で起きた令和ロマンのライブでの嬉しかった出来事と、福岡を去ったのですんでいた街での思い出とかおすすめスポットとかについて語った雑談回です。
 
音楽だいすきクラブを介した知人であるはちくん(@Hat_chyu)さんを招き、10/2放送予定のキングオブコント2021への期待を存分に語る回です。後篇は本大会の注目ポイントや、コントという形式の特殊性、そして今年の審査員予想やトップ3予想などをしています。後篇に詰め込みすぎました!
 
初のゲスト回は、音楽だいすきクラブを介した知人であるはちくん(@Hat_chyu)さんを招き、10/2放送予定のキングオブコント2021への期待を存分に語る回です。前篇はキングオブコントという大会の概要や特性などについて語っています。
 
8月の注目作ラッシュ、中でも喋り倒したいと思った8/20公開の2作を語りました。「子供はわかってあげない」と「ドライブ・マイ・カー」、大作だけども優しい傑作です。
 
人生の一大イベント、その半年間にわたる準備について語りました。これがポップカルチャーなのかと言われると違うかもしれませんが、僕はポップカルチャーだ!と思ったのでここで語りました。人生はポップカルチャーでしょ!!
 
劇団ロロの連続演劇作品「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高校」シリーズ、通称「いつ高」シリーズについて語っています。全10本、現在アーカイブ配信中というこの上ないホスピタリティもさることながら作品自体の素晴らしさたるや。好きなものを抱え、大事に思っているものがある人、人を好きになりたい人に超オススメな作品です。
 
4月から放送されていたテレビドラマ、最終回まで観た作品の感想。「大豆田とわ子と三人の元夫」「きれいのくに」「今ここにある危機と僕の好感度について」「コントが始まる」「生きるとか死ぬとか父親とか」の5本を語りました。5作を並走するなんて、闇雲にドラマを観ていた中学生時代以来だと思うし、厳選してのこの本数というのが今回の歴史的な傑作揃いクールを物語っていると思う。
 
6/4公開、児山隆監督、金子大地・石川瑠華主演の映画「猿楽町で会いましょう」について、ネタバレなし→微ネタバレ→ガッツリネタバレの三段構えで喋っておます。衝撃的な映画ですし、自分の持ち合わせたエグみも突きつけられるような作品で、この放送も後半にちょっと感情が盛れすぎて荒ぶってるところもあるんですが大目に見てください。
 
最近聴いて良かったアルバムの話をしています。ネクライトーキー『FREAK!!!』、カネコアヤノ『よすが ひとりでに』の話です。コロナ禍をダイレクトに反映したと思しき2作。それぞれらしい表現たち。
 
5/12より公開中の映画「くれなずめ」、および松居大悟監督作風についての特集です。「くれなずめ」終盤の“突飛な展開”含め、ネタバレありで喋ってます。舞台版との比較や、これまでの松居大悟監督作品、特に怪作「君が君で君だ」について勇気を出して喋っています。[関連note]"ケリをつけない"という救い~「くれなずめ」と松居大悟が描く曖昧さ|月の人 https://note.com/shapemoon/n/nfbb559c68e40
 
今年メジャーデビュー9周年を迎え、新メンバーを加えて9人組となった私立恵比寿中学についての話です。僕個人の思い入れの話、なぜこんなにもエビ中を好きで居続けているのか、そしてこれからへの期待感などを喋ってます。
 
2021年4月放送開始のバラエティ、改編期の特番について語りました。前半は3月で終了となった「勇者ああああ」「秋山とパン」について哀悼の意を表じました。
 
3/26に最終話を迎えた「俺の家の話」について、その素晴らしさと長瀬智也の魅力について語っています。その他、「書けないッ!」と「バイプレーヤーズ」の話も少ししています。
 
曲単位やアルバムについては語ることが多いですがミニアルバムはなかなか語るタイミングがないので喋りました。ズーカラデル『若者たち』と夜に駆ける『僕らいつか化石になる』についての話です。ズーカラデル『若者たち』https://music.apple.com/jp/album/wakamonotachi-ep/1549505223夜に駆ける『僕らいつか化石になる』https://music.apple.com/jp/album/%E5%83%95%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E5%8C%96%E7%9F%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-ep/1549806388…
 
西川美和監督、役所広司主演映画「すばらしき世界」について、社会復帰の視点から語りました。いつもと雰囲気が違うのは、これは聴き手がいる前提で話してるからです。併記しているnoteにスライドも載せているのでご覧になりながら聴いてください。https://note.com/shapemoon/n/n770d7cd71c87
 
最近観た映画についての感想です。「あの頃。」は自分のアイドル現場との距離感について、「あのこは貴族」は自分のいる世界について、などを重ねながら語りました。自分ごとになってしまう映画が2021年が多い気がしますね。「推し、燃ゆ」と「あの頃。」|月の人|notehttps://note.com/shapemoon/n/n4e7a1df17e81
 
連載開始から20周年となった、人生のベスト漫画「ボボボーボ・ボーボボ」について語りました。久々に読み返して改めて思ったその異常性、何がどうイカれていたのか、など言葉の限りを尽くしてみました。
 
音声配信19回目。最近配信で観たお笑いライブの感想を語っています。空気階段の第4回単独ライブ「anna」とランジャタイとキュウのツーマンライブ「ごちゃごちゃ言わずに 理屈なんて後から考えて ランジャタイとキュウを見て!」の2本です。東京の笑いの最先端。空気階段の単独は思わず泣いてしまいました。ランジャタイとキュウは脳がとろけそうでした。
 
最近観たオンラインライブの感想を喋ってます。Homecomingsがクリスマスに開催した弦楽カルテットとの共演コンサート、aqaurifaのベストアルバムリリース記念ライブ、佐藤千亜妃(きのこ帝国)とホリエアツシ(ストレイテナー)が出演した弾き語りライブの感想です。
 
主演:菅田将暉・有村架純、脚本:坂元裕二、監督:土井裕泰による映画「花束みたいな恋をした」について大いに語っています。ポップカルチャーとの距離の経年変化、坂元裕二の過去作との呼応、音楽・役者陣の充実、そしてちょっと気になった点について語っています。
 
今更大ハマりしてしまった、YouTube公開中の映画「ザ・エレクトリカルパレーズ」の話を15分ほどしてます。去年の作品ですが、まだまだどこまでもエレパレサーガやエレパレユニバースが広がっていきそうな予感がします。そのあと1分ちょっとくらいの駆け足で「ランジャタイのぽんぽこ生配信」の話もしました。ザ・エレクトリカルパレーズhttps://youtu.be/rS_-ILiycdsランジャタイのぽんぽこ生配信 マヂカルラブリーno寄席の話https://youtu.be/9uedRZQszr8
 
2020年に観た映画、ドラマで良かった作品を5本ずつ語っています。前半が映画でちょうど15分くらいからドラマの話をしています。2020年ベスト映画 10https://note.com/shapemoon/n/n6fec9646146d2020年ベストドラマ 10https://note.com/shapemoon/n/n9e6635e03070
 
年末年始に放送、配信された素晴らしいコンテンツについて語っています。「マヂカルラブリーno寄席」「アナザーストーリー」「笑う!ラストフレーズ」のほか、「霜降りフットの爆笑ネタ祭り」「ゴッドタン マジ歌選手権」「クイズ 正解は一年後」「オールザッツ漫才2020」「千鳥VSかまいたち」の話もちょっとしてます。「マヂカルラブリーno寄席」はよしもとのオンラインライブのサイトから、それ以外はだいたいTVerかGyaoで観れます。
 
12/18公開、綿矢りさ原作、大九明子監督、のん主演の映画「私をくいとめて」の感想です。能年玲奈時代からのファンとして、あまりにも語るべき内容の多い作品でした。30代を演じるということ、恋愛映画に出演するということ、橋本愛と共演すること、などなどを話しています。
 
M-1グランプリ2020チャンピオン、マヂカルラブリーの漫才を漫才じゃないという方々がいるようなので、「あれは漫才ですよ」ということを説明してみました。その上で彼らがM-1紡いできた物語とか、M-1グランプリそのものへのあれこれなどを喋っています。
 
最近聴いて良かった曲についてあれこれ話してます。パスピエの「プラットホーム」(およびその前日譚にあたる「最終電車」)、小西真奈美の「君とはもう逢えなくても」の話。パスピエ「プラットホーム」https://music.apple.com/jp/album/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/1539405605?i=1539405672パスピエ「最終電車」https://music.apple.com/jp/album/%E6%9C%80%E7%B5%82%E9%9B%BB%E8%BB%8A/534972608?i=534972675小西真奈美「君とはもう逢えなくても」https://music.app…
 
Loading …

دليل مرجعي سريع

حقوق الطبع والنشر 2022 | خريطة الموقع | سياسة الخصوصية | شروط الخدمة
Google login Twitter login Classic login